2023年2月7日火曜日

#牛丼 #松屋 の #バイト #時給 で日本経済の未来を占う。気質なバイトの満額回答?

 


ということで、経済ねた、かも。

松屋は経営自体が調子いい

暗黒の民主党政権&日銀白河総裁時代というのがありました。当時から財務省は増税一筋頑固一徹、未だ同じですね。

安倍政権になって黒田総裁になって、まさにアベノミクス・スタート。消費税増税までは景気が間違いなく良くなりましたとさ。金融政策超大事、と。

んで、です。

アベノミクス開始時点で、ふと地元@世田谷西部のプチ田舎 の牛丼屋「松屋」のバイト募集が目に止まったわけです。確実に値上げしていた。個人的には「早っ」と思いましたね。

景気が良くなると、人材不足になる。流動性の高いバイト層は尚更です。

財務省のポチみたいな経済学者とか経済評論家がオールドメディアで何を言おうと、民間企業としては、独自の経済観測に基づいて、いち早く動かないと競合に負けちゃう。同業他社だけぢゃなく、たとえばコンビニとかも人材採用の超競合ですよねー。

なので、一歩先で決断する、と。一度採用しちゃえば、よほどのブラック労働環境でない限り、離職率は抑えられるはず、と。

んで、昨今、日銀のポスト黒田が話題になってます。

2022年年末に黒田総裁が、政策金利の幅を広げる、と。下げるわけないんですから、利上げ予告に近い。すると不動産業界直撃っ。変動型ローンを組まれている方々も心中穏やかなわけがございません、と。

知り合いも成城のマンション売ろうと画策しているのですが、黒田総裁の逆バズーカ以降、内見がガクっと減ったと言ってたっけ。

岸田政権が財務省の言うことを最優先に聞くのは、歴史が証明済み、と。寒っ。

2023年前半は、どうも節目に来ている雰囲気....。

んで、松屋の店頭のメニュー表示のデザインが変わっていたので、フラフラと近寄ってみた。シンプルすぎてラインナップが良く分からないなぁ、的な。

んで、そだ、と思ってバイト時給を確認してみたわけ。

すると、冒頭の写真。時給1300円が当たり前。深夜帯は、ななんと1625円とな。

なんか景気よくないっすか。ワタクシは正直驚きましたよ。

へー、ってな感じ。深夜帯に週5で入って26万くらいっすか....。ミニマリストだったら超楽勝でリッチ生活ですなぁ。

コンビニの時給とかも、チラ見しているのですけど、ここまでドラスティックなの見たこと無い。気質(かたぎ)のバイトの満額回答っぽい。

そもそも567収束は2022年入ってから明確となり、お外を出歩く人も増え、外食産業全体が対前年比を上回っている。単価の安い牛丼チェーンなんかは、その潮目の変化が早かったと思う。

ここで、2022年12月の単月の数字を調べてみたんだけど、吉野家、すき家、松屋どれも売上は調子いい。ただし、吉野家とすき家は来店客数は落ちている。一方、松屋は来店客数が増えて、当然のように売上の伸びも吉野家とすき家を上回っているという次第

景気は悪い。給料上がらないのが多数派。外出が増えて衝動買いしたり、衝動喰いしていたら、他で財布の紐を締めることとなる。たとえば高級スーパーとか。ヤマダ電機とかも最新の数字は、引きこもり需要が減衰したせいで、落ちている。

牛丼屋は基本的に絶対的な価格が安いというところが強さか、と。マクドも値上げして賛否両論だしなぁ。あ、そうだ、今度、マクドのバイト代調べてみよう、と。

吉牛は身近にないので、すき家とかわざわざ寄ってみるか・w。

食べないけど・w。

松屋の経営陣としては、現在の経済環境は追い風と捉えて、今のうちにマンパワーを拡充したいということか、と。

強気でしょ、このバイト代。

ともあれ、驚いたというオハナシでした~っ。

とりあえず、いぢょ!


Ad.



     

2023年2月6日月曜日

【植物萌え2023】#小田急 #和泉多摩川駅 から徒歩1分っ 『AYASHIRO PLANTS』#多肉植物 #アガベ

 


植物萌えねたと同時に徘徊ねた・w

また行く

まー、暇・w。とりあえず、お掃除系。

昼間っからアルコールっちゅーのも何だしなぁ、と。

ゲームもしないし、映画とかネトフリとかも観ない。地上波TVとかも観ない。本は速読なんで、ソッコー読み終わっちゃうしぃ。雑誌買わないしぃ。

今や貴重な存在の本屋は、今年に入ってら週イチで徘徊しようと決めているけど。今度は成城コルティの三省堂に行ってみようっと。

服とか「積極的に買わない」と決めてからニコタマとか徘徊する気も失せた。アウトレットも含めて衝動買いしたいから徘徊していことを知る。まさに、買いたい買いたい病。暇との闘いともいふ。

暇、何かと人生の大敵

ニコタマの場合、ライズが完成して10年以上。個人的には新鮮味は薄れているなぁ。無印ちょい見して、パタゴニア見て、モンベル見て、アークテリクス見て、オッシュマンズ見て、ビームスとかアローズ見て的な。基本的には飽きてる。

まあニコタマの場合、衝動買いの単価がお高いので本能的に避けている面はある・草。

ただし、今年に入ってから、やっぱりミレーのメッシュのアンダーウェア欲しい(試したい)とか、あえて夏にECWCS LEVEL7 のセットアップを購入したいと思っているところ。

※ パソコンも新しいヤツ買う予定。

アウトドアブランドそれぞれの文法ってあると思うんですね。それぞれのビジネスモデルっちゅーか。けどECWCS はガチ。しかも安い。ECWCS のレイヤリングシステムが頭に入ったことで、お高いアウトドアブランドそれぞれの文脈が破壊されちったというか....。合理性で突き詰めていけば、いらないんぢゃねー、的なもの多数、かも。

医食同源。衣食同源。

んで仕方ないので本日、ママチャリ漕いで近所を散策。電車とかクルマで、わざわーざ徘徊したいと思うようなところがないの。そこそこ長く生きていると、やっぱり「わざわざ行ってみたーい」と思うところは減る。無駄遣いしたくないしぃ。

んで、です。

やっぱり、ご近所の徘徊大切。

小田急線の和泉多摩川駅近くに見たこともないお店、発見っ。

和泉多摩川商店街は、相変わらずシュールな雰囲気を漂わせている。高齢化が加速度的に進んでいたり、駅の南側はもともと防災もあって水道局の何もなーい土地が広がっていたり(=住宅がない。つまり駅が激近なのに人が住んでいない。高度成長期は土管が並んでいる系)、小田急が高架になって隣の狛江駅のハブ化が加速して、駅と駅が激近なこともあって、狛江駅前で用事を済ます人が増えちゃったり、と。

が、です。

AYASHIRO PLANTS」とな。

訪れた時間帯は無人販売でビツクシした。マジか。

多肉植物とかアガベにハマった趣味人が、お店出しちゃいました的な。

大変申し訳無い。ショバ代ペイしないんぢゃないかなー、的な。ごめんなさい。

そこで家に戻り、AYASHIRO で検索入れてみた。

狛江の駅前にあったステーキ屋がヒット。でもそこはソッコー閉店したはず.....。

さらに調べてみると、どうも母体は解体工事屋さんみたい.....。本業でガッツリ儲けていらっしゃるのでは? と勝手に推測。

無人販売っちゅーのも面白いのですが、養生預かりのプランだとか、土入れ替えのプランとかあるんですよ。マニア・w。

ワタクシが昨年春に購入したビカクシダのステマリアはとってもデリケート。一ヶ月、つまり3月上旬(急激に暖かくなる)まで預けてあげるのもいいかなぁ、とか。

寒い、日照不足.....。

ニコタマのプロトリーフであれば、1万8000円のブツ。プロトリーフならね・w。一ヶ月とか預けちゃおうかなー。LEDランプとか買ったり電気代のこと考えるとペイするかも。

クルマで徘徊していると気づかない。チャリもそうだし。徒歩だったら気づく.... みたいなことあるぢゃないですか。

定期的なパトロールは。すべき。そう思ったのでした。

そんなにお高くないので、キュートなサイズのアガベ、ここで買っちゃおうかなー、的なことも思ったり。

とりあえず、いぢょ!


Ad.



     

本日の #オーケー #オーケーストア 税込み1894円でこれだけ買えるっ 2023年2月6日編

 


ということで、激安の誉れ高きオーケー様にてお買い物です。

とりあえず晒す

オーケーはチラシとか入れないし、ましてや地上波とかラジオでも広告打たない。なので有名ではあるものの、知らない人は知らない的な要素はあります。基本、激安路線。

ただ最近は夕方の番組とかでステマしている。

地上波なんかはイオンとかイトーヨーカドーとかに忖度しているのも明白。カトパン旦那のロピアなんかも睨まれている。

で、本日ワタクシが購入したものを晒す。それぞれ商品のお値段は税抜にて。

左上から時計回り。

「焼海苔」399円。これはお弁当用。

「卵」208円。10個。大体3日で消費。

「炭酸水」一本37円。以前はサンガリアだったのですが、きっと納入金額高いのでオーケー様は別ブランドへあっさり変更。鬼っ。

「卓上用 しょうゆ」173円。これも弁当用。

「豪州産赤身ひき肉」363円。2食分。1食はお弁当用。牛脂もらってます。約200円で1食軽く20グラム以上のプロテインが摂取できる計算。卵2個プラスで1食楽勝で30グラム以上っちゅーのがワタクシの食の基本尺度

「サバ缶」164円。ストック。お弁当とかにも利用。

「ドリップコーヒー」118円。6パック入り。オーケーPBです。4種類あるのですが、今はマイルドブレンド一択っぽくなってます。

「焼き芋 紅天使」208円。マグナム君が存在した時にだけ購入。ある程度冷めたら冷蔵庫へ。すげく美味しいです。一気に一本とかは食べません。これだけは個人的な嗜好品の扱い。

以上です。

2日で消費しちゃうのは赤身ひき肉のみ。他はすぐには消費しません。

で、トータル1894円。税込み。

さすがのオーケー様も昨今、値上げ気味ですけど、もともとが激安ですからねぇ。

とりあえず、いぢょ!


Ad.



     

#ワークマン #WORKMAN #FieldCore #メリノウール をゲットっ 着心地もリポートっ

 


ということで、ワークマンねたっ。

ワークマンの価格破壊はつづく

ワークマンは既に定番化しちゃいましたけど、ワタクシが最もハマっていた2019年頃は、まだマイナーな部類だったのでは? と。

服そのものもそうなんですが、ビジネスモデルにも大変興味があったわけです。

それにしても時が経つのは、早っ。

んで、2020年は「アレ爆発」の年でして、アパレル大打撃の年。ワーマンと並行して、バナナの叩き売りな各種ブツを買いまくってみた、と。

あくまでも当社比ですけど、買いまくった。そこで2021年終わりからは「果たして自分が着るのはどんななんだろ?」みたいなモードに突入。アパレルとかあんまし買わずに、着ないものは整理していった、と。

ある種の断捨離。

さらに2022年暮れなんか「年内は、積極的に買わない」モードに突入。

実際、やってみて分かったんですけど、よっぽどライフスタイルが変化しない限り、買わなくても困らないのでした。

物欲というより、買いたい病なんです、きっと。

んで、2022年暮れから、2023年初頭は、激寒っ。

あれこれ着るものを変えてみつつ、イケてる組み合わせを探っていったのでした。

再確認できたのは、肌着はメリノウールがベスト。あくまでワタクシのライフスタイルの場合です。

アクティビティとか気温の変化に強いっちゅーか、快適。

んで、その上にフリースをレイヤリングするわけですが、2022年初頭に購入したECWCS LEVEL3 が、やっぱり神。温かいだけでなく、脇汗を蒸散させる能力が極めて高いみたい。安~いフリースだと確かに温かいのだけれど、蒸れてる。比較すると分かる。

んでワタクシはその上にNIKE ACG 。中綿にプリマロフトを贅沢に使用したタイプ。

んでんで、早朝とかの激寒な時とかの移動の際は何らかのシェルを羽織る、と。

首元には、モンベルの超薄手のネックウォーマー。薄いんだけど効果絶大っす。

上半身はそれが基本となっちょります。

ちなみにメリノウールのベースレイヤーはモンベル。化繊も織り込んであって耐久性にも配慮しています。

んで、風の便りが。「ワークマンのメリノウールが評判になっているみたい」。

去年の暮れくらいですかね。気になってはいたのですが、モンベルのやつは洗えばすぐ乾くし、他にも化繊のベースレイヤーはパタゴニアとかACGとか持っているので、「年内は買わない宣言」も含めたところで、困っていないなー、と。

が、です。

久しぶりに通りかかっちゃったんですよね。2019-2020に通いまくっていた「ワークマン プラス」に。

ふらふらと駐車場IN。

メリノウール探しながら、店内を散策してみました~。

2023年の2月上旬ですからねぇ。目ぼしい冬物なんか、在庫ほとんど無い。さすがワークマンですなぁ。

店員の人にメリノウールの所在を尋ねると、ありましたっ。ラッキーなことに在庫あった。ただし、LLサイズしかない。黒しかない。

洗って着てみましたけど、サイズ的には丁度良かったです。ラッキー。

※ LLサイズだけ売れ残ったのではなく、たまたまLLサイズだけがゴソっと入荷したタイミングだったのでしょう。きっと超ラッキー。

ウール100%ってところが、モンベルとの違い。比較すると、やや厚手。ヒートテックの極暖みたいな厚みではありませんが。

パッケージには洗濯の注意点みたいのあんまし書いてなかったのですが、テキトーに洗ったのですが、極端な縮みは発生していない様子。

注意書きは、裏返しにして、陰干ししてね程度。

価格は、税込み1900円。試す価値は大ありだと思います。特にメリノウール持っていない人は試してみて、と。

とりあえず、いぢょ!


Ad.



     

2023年1月16日月曜日

【食】 冷凍 国産鶏むね肉ひき肉。激安かと思ったらそうでもなかった件 #オーケー

 


ということで、食、ねた。

計算、やっぱり大切・w

ワタクシの愛するスーパー、オーケー様にて、冷凍の国産鶏むね肉のミンチを発見しました。

400gで289円とな。瞬間、「安っ」と思って購入したのですが、冷静になって計算してみたら、100グラムあたり73円っつーことで、生肉のオーケー価格より、若干お高いことが判明いたしました。残念っ。

しかもこれ、皮も一緒にミンチにしちゃっているはず。普段、皮を外して食しているワタクシとしては、ダメだわ。皮とは、すなわち脂肪ですね。

ミンチにするのは一工程プラス。加えて冷凍、冷凍車による輸送(冷蔵車よりコスト高)、そして店舗でも冷凍食品には相応の維持管理費が掛かるわけで....。若干、高めになるのも当たり前か....。

ワタクシの場合、価格もあるのですが、皮付きってのがダメだな、と。次回は無いぞ、と。

※ 以前も書きましたけど、国産ブロイラー胸肉の価格を確認すると、そのスーパー全体の価格設定の目安になると思います、スーパーの本音がそこに的な....。

んで、右に映っているのは、豪州産牛赤身ひき肉。最近、かなりのお気に入りです。100グラム、149円@オーケー。ワンパックの半分で、プロテインが20グラム以上、余裕で摂取できる計算です。

お弁当用としては、鳥むね肉ばっかり食べていたのです。でも、牛赤身ひき肉だと似たようなタンパク質摂取量だとしても、「体感が違う」のです。

ボディビルダーの人たちの多数派は、鳥胸な印象なんですけど、牛肉の人も少なくない印象だったんですよね。んで、なんでひき肉なのかと言えば、消化吸収かな、と。食べても吸収されなくちゃ意味ないぢゃん的な。ガチなボディビルダーの場合、食べる量も相応なので、消化器官への負担低減とかもあると思います。

あとワタクシの場合、豪州産をチョイス。スーパー・オーケーの場合、在庫ない時があるんですね。米国産はワタクシの場合、チョイスいたしません。その場合、鳥胸、と。

ワタクシの料理法は至ってシンプル。塩と黒胡椒。フライパンで焼く。状況によって、仕上げに何らかのソースを垂らすだけ。最近、多用しているのはエバラのキムチの素。

お弁当だけでなく、作り置きしておくと「この食事だとプロテイン足りてないな」みたいな時のトッピングにもお役立ちです。

とりあえず、いぢょ!



     


Ad.