2017年7月28日金曜日

HUAWEI P11 Lite はお財布ケータイ&ワンセグ対応? arrowsが真の敵! 【格安スマホ】


■ やっぱりガラスマ機能のニーズは高い

ということで格安スマホ、ねた。

社長インタビューとか読むと、「ん?」みたいなコメントがあったりします。

今や日本のSIMフリー・マーケットにイケイケなファーウェイですが、HUAWEI Japan のトップが、「日本市場向けに、ワンセグとか、Felica(おサイフケータイ)への対応も検討している」と明言したのが超気になりましたっけ。

Ad.


現状の最新モデル、P10 Lite も、既にジャパン・スペシャルな匂いを漂わせていますが、次作はさらなるジャパン・スペシャル化に邁進する雰囲気.....。



なぜ?

もちろん日本のSIMフリー・マーケットの寡占を狙っているのでしょう。中国の国策かもしれませんね。怖っ。

ASUS は、Zenfone 2 Lazer 時代の勢いは、最早ない雰囲気.....。

けど、ファーウェイの目の上のたんこぶ的に育っているブランドがあります。それが、富士通のarrows Mシリーズ。

SIMフリー端末を使っているというユーザーに対するアンケート結果がこれ。


SIMフリー界隈でもiPhone 強し、です。

トップは、ワタクシもメイン端末として使用しているiPhone SE。Apple謹製SIMフリーにもかかわらず、絶対的な価格が低い、かつAppleは独自の24回無金利なローンなんかも設定している.....。


比較的発売から時間が経っていないiPhone 7 とかが3位に入っていて、なんとなくSIMフリー・スマホに対する意識が変化しつつある感じ。

んで、今回は、iPhone 勢はシカトします・w

■ ひそかに売れ続けている..... arrows

すると、大人気、ヒット作されるP9 Lite は5位にしか過ぎず、そのP9 Lite を挟むこむカタチで、4位にarrows M02、6位に同 M03 が入っているわけです。

ちなみに、超ヒットしたと言われるASUS Zenfone 2 Lazer は型番違いで別々のランキングとなっています。陰謀でしょうか・w  足すと、ベスト3くらいの順位になるわけですが、かたや最新のZenfone 3 の存在感は、いまいち希薄なものとなっちょります。

arrows シリーズは最新のM04 が出たばかりですが、最大のウリは、ハンドソープで洗える的な部分でして、スペック的にはほとんど進化していません。M03 の時点で、とある識者などは明確にオススメしない、とまで言っている.....。



けど、売れている・w 

富士通ブランドの安心感、おサイフケータイやワンセグなのどのガラスマ機能、耐衝撃性、そして防水は当たり前として、最新モデルは、界面活性剤による浸透圧の低さにも耐える防水性を獲得した、と。



そんなに安くもないのに売れちゃっているのも脅威かも。けど、M03 に関しては、実勢価格は、税込み2万円ちょっと。ソートーこなれてきた印象です。


マイネオ扱いも再確認してみましたけど、Amazon ポイント一万円ゲットすれば、Amazon の実勢価格と並ぶよう配慮されていることが分かります。

けど、まーだ 1000台売り切っていないのか....。2週間くらい経つのにぃ。まあ、Amazonで買えば一括大前提ですが、MVNO通しなら、簡単に分割払いが設定できるのがメリットではありますね。

といことで、日本制覇を企むファーウェイの目の上のたんこぶは、我らが富士通でした、というオハナシ。2万円台で、どれだけガラスマ機能てんこ盛りのP11 Lite となるのか? がポイントか、と。



また、先日、ASUS のZenfone 3 MAX が謎の爆売れしたばかりですが、税込みで一万円台半ばみたいなニーズも、まだまだ根強い、といったところでしょうか。

SIMフリー界隈の商品性は、今後さらに絞り込まれていく予感がいたします。



とりあえず、いぢょ!

【追記】

     ひとくちに“格安SIM”と言っても、その中身は天と地っ!




ワタクシが、NifMo → IIJmio → mineo へと至った、マイネオ、コスパ最強“10の理由”を書きました。ぜひ


▶ Go to BEYOND THE MOTOR's TOP





0 件のコメント:

コメントを投稿