2016年12月6日火曜日

たんぱく質の消化を助ける、ムチン。ふじっ子『純とろ 根こんぶ入り とろろ』を愛用中【LifeStyle】


■ 卵とセットで、とろろ昆布

ということで、「もっと卵は積極的に摂ったほうが良いのでは?」という仮説を下に、日々セルフ人体実験中であります。

ただし、たんぱく質の効率のよい消化・吸収の難度は、どうも高そうなので、“つけあわせ”的なものをリサーチ中。

簡易的なもので何かないか?

テキトーにググったら、昆布にも含まれる“ねばねば”の元のひとつ、ムチンが、タンパク質の消化・吸収を高めるのだとか.....。

そこで思いついた食材が、ふじっ子のド定番『純とろ』。


ちょっと前のカンブリア宮殿にて、フジッコ株式会社が取り上げられておりまして、早い段階から化学調味料を使用しないとかモットーにしていたそうですし、とろろ昆布の製造方法をやってまして、「久しぶりに食べてみようかな」と。

何層にも重ねた昆布を、高圧プレスで押しつぶしつつ、乾燥したら、巨大カンナみたいな機械で、削ってゆくのでした。へー、てな感じ。


栄養成分に関しては、意外に糖質が多い、かも。素材にモロ砂糖とか、でんぷんとか使っているから仕方ないかなー。

あと良い意味で意外だったのが、カルシウムが多めですね。これ意外でした。

■ 一日一回は、とろろ昆布

何らかのカタチで一日一食は、純とろを食す、というのを、じつは既に一ヶ月くらい続けております。

熱湯ぶっかけてお吸い物にするというのがほとんどですが.....。味付けは、しょうゆ。

んで、実感としましては、ワタクシの場合、想定外だったのですが、“あれ”のクォリティが上がった感じ。ぬるぬるな食物繊維が効いているのでしょうか? ぜひ、“そのテ”でお悩みがちな女性に試してみていただきたい。

会社に弁当持っていっている人なんか、とろろ昆布って、お吸い物として便利かも。

Ad.


んで、後で調べたら、ムチンは熱に弱いらしく、加熱し過ぎないのが良いらしいです。ダメぢゃん、熱湯掛けちゃ・w。というかグツグツ煮込んだりしなければ良いのかも。

トッピング的に使うのがベストなのかも.....。たとえば湯豆腐とか。

山芋のねばねばもムチンらしいですけれど、すり下ろすとムチンの効用は低下するらしい。

まあ、ムチン摂取で一番お手軽なのは納豆ですね。毎日食べているわ、そもそも納豆は・w

ということで、とろろ昆布、特に“あれ”のクォリティアップに関しては、気のせいではないと思うんですよねー。

一ヶ月くらい、試してみたら?

ちなみに、Amazon で調べてみたら、ひと袋、40g入っている徳用パックのセット売りが、絶対に安いっすね。



ワタクシが購入しているのは、激安で(関東では)知られる、OKストアなんですが、そこだと、27g 入りで、180円くらい。フツーのスーパーと比べれば圧倒的に安い。あと他のスーパーでも、40g入りの徳用パックってあんまし見掛けない.....。

Amazon のセット売りの場合、一袋に換算すると、税抜きで250円くらいなので、OKよりも若干ですがお安い。Amzon価格、かなり良い線、いっていると思いますです、はい。

とりあえず、いぢょ!

【追記】

     ひとくちに“格安SIM”と言っても、その中身は天と地っ!




ワタクシが、NifMo → IIJmio → mineo へと至った、マイネオ、コスパ最強“10の理由”を書きました。ぜひ


▶ Go to BEYOND THE MOTOR's TOP





0 件のコメント:

コメントを投稿